10代というピチピチのAV女優【槇原愛菜】ハードプレイのAVが魅力!

- フィスト&フットファックレビュー

フィスト&フットファックレビュー

http://www.dmm.co.jp/mono/dvd/-/detail/=/cid=13mvg006/ムチムチ巨乳ロリ系AV女優の槇原愛菜の作品の中では、特にファンの心をくすぐるような内容の作品の一つがフィスト&フットファック 〜実は私、変態なんです〜というエロ動画ですね。

ハードな作品

槇原愛菜の作品の持ち味と言えば、やはりそのハードなプレイの幅広さが一番ですね。
この作品も、槇原愛菜の持ち味であるハードプレイに主軸が置かれておりメインの魅力は何と言ってもフィストファックです。
AV女優は、マニアックなジャンルの物に出ているような女優もそう少なくはないのですが、フィストファックがNGではない女優の数はそう多くはありません。
特に、顔のレベルもそこそこ高い上にフィストファックも可能でムチムチのエロい体つきをしている人というのはかなり限られて来るのではないでしょうか。
しかも、Gカップという巨乳持ちともなればかなりレア度は高くなるでしょう。
そんな、槇原愛菜がマンコに拳を突っ込まれるだけでなく鞭や蝋燭に縛りにとSMプレイまで全開。
しかも、足先を突っ込まれたり電マを挿入されたりチンポとディルドの二穴ファックなど、ハードなプレイが目白押しとなっている非常に豪華な作品となっているのが、この作品の一番の特徴ですね。

拡張プレイの魅力

このAVでは何と言ってもムチムチボディというそれだけでもエロい体つきをしている槇原愛菜のマンコが拳や足、電マを直で挿入されるくらいに柔らかく拡張されるというようなハードなところにあると思います。
こういうプレイではAV女優が苦しがったり、痛がったりするようなことも多いのですが、槇原愛菜は真性のドM変態女という感じで拳や足をマンコに突っ込まれているところなんか本気で顔が感じて蕩けているような表情になっているところがたまりませんね。
電マを突っ込まれているときは、腰をガクガク痙攣させながら感じているところさえ見る事が出来るのがかなりいやらしいです。
ぐっぽり広がったマンコを自分から突き出すシーンは圧巻です。