10代というピチピチのAV女優【槇原愛菜】ハードプレイのAVが魅力!

- 息子の嫁レビュー

息子の嫁レビュー

http://www.dmm.co.jp/mono/dvd/-/detail/=/cid=jux500/ムチムチ巨乳とエロい尻が魅力の槇原愛菜は、ハードなプレイ物のAVに出演する事が多いのですが、いわゆるストーリー仕立てのドラマ系な動画にも出演する事があるんです。
その中の一つに、息子の嫁という作品があります。
この作品は、いわゆる義理の娘シチュエーションの物で設定的には割とありがちなのですが、槇原愛菜が若くスケベな体つきをしているからよりシチュエーション的に映えるというのが魅力となっています。

犯されるシチュエーションがぴったり

槇原愛菜はその容姿から、犯されたり調教されたりするようなキャラクターがよく似合っているし、おまけにそういうシチュエーションの作品に良く出演しているのですね。
この作品でも、そういった犯されるのが似合うという魅力をふんだんに強調しており、かなりそそるようなシチュエーションとなっています。

内容のあらすじ

この作品は、義母の墓参りで民宿を経営する夫の父親のところに泊りに来るというような物です。
妻を亡くした義父が温泉でくつろぐ若くよく肉付いたスケベな体に発情して寝込みを襲うというような物となっています。

寝取られ淫乱系作品

槇原愛菜は、基本的に犯される系の作品でもあまり抵抗しないというか嫌がるようなシチュエーションがないんですね。
根っからの淫乱という事で、やはり作品の中でも犯されながら最初は気持ちばかりの抵抗をしていても、気持ちよくなってしまい激しいセックスに喜びを感じてしまう、なんていうような物が多いんですね。
この作品も、そんな槇原愛菜作品の流れを踏襲するかのごとく最初は義父に無理やり夜這いされて犯されていながらも、犯された気持ちよさが忘れられずオナニーをし始めたりして、自分から義父のチンポにしゃぶりついたりして結局自分からセックスを求めるというような流れとなっています。
やや早急な感じはしますが、寝取られ系のシチュエーションでも即堕ちが好きな人にはかなり満足できる内容となっています。